投稿原稿作成要領

[1] 投稿原稿について

 1)下記の必須項目が記載されていれば、査読時の書式は問わない。なお、後述する採択後に作成いただく版下原稿のテンプレートを使用しても良い。
  a)論文のタイトル
  b)著者全員の氏名
  c)著者全員の所属を、役職、部門、所属機関
  d)代表著者の連絡先(メールアドレス)
  e)アブストラクト(150-250ワード)
  f)キーワード(3~5語)
  g)本文(5,000-10,000ワード)
  h)参考文献
  i)謝辞(あれば)
  j)アブストラクトの日本語訳(任意)
 2)投稿原稿のファイル形式はA4サイズのPDFとし、フッターにページ番号を入れること。ファイルにパスワードはかけない。
 3)図表は本文で参照をすること(文末にまとめて掲載したり、別ファイルにしない)。
 4)参考文献は、著者、タイトル、掲載誌名、発行年、ページを記載のこと

[2] 採用後の提出論文

 1)下記いずれかのテンプレートを使用して版下原稿を作成すること(完成見本)。
Microsoft Wordテンプレートファイル
Adobe InDesignテンプレートファイル
LaTeXスタイルファイル(予定)
 2)提出ファイル
オリジナルファイルとPDFを提出する。
 3)建築情報学会 学術活動委員会 論文編集小委員会宛てに電子メールにて提出すること。電子メールのCC には,必ず著者全員のメールアドレスを入れること。journal-editor@ais-j.org(仮)
提出された版下原稿を論文編集小委員会で確認し、書式がテンプレートと異なる場合には提出者に修正を求める。軽微な修正の場合は論文編集小委員会の判断で修正を行う。
 4)最終原稿の投稿前に、英文をネイティブチェックすることを推奨する。

以上